FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2015-11-16-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 試される東京市場の反発力 = 株式市場の空気は先々週末にアメリカが10月の雇用統計を発表して以降、明らかに変化した。雇用者の増加数が予想をはるかに超えたため、12月の金利引き上げが一気に現実的に。そこでドル高・円安が進行した。先週ダウ平均は665ドル下げたのに対し、日経平均が331円上げたのは、この市場の変化を反映したものだ。

金融緩和政策の終了に対する不安もあるが、同時にニューヨーク市場にとっては、ドル高とそれがもたらす原油安が厄介な重石になってきている。年末に向かって株価が反発するかどうかは、きわめて微妙だ。当面は12月4日に発表される11月の雇用統計と、12月15-16日に開くFRBの政策決定会議に、市場がどう反応するかを見守るしかない。もう1つは、パリの同時テロ事件が市場にどんな悪影響を及ぼすのか。

日経平均はこの1か月で1700円も上げた。このため過熱感が高まっており、しばらくは足踏みするかもしれない。しかし好調な企業収益を背景に、まだ上昇余力はかなり残されている。下値不安もほとんどない。したがって今後は仮にニューヨークが低迷しても、独自の力で2万円を目指せるか。反発力が問われることになる。

今週は16日に、7-9月期のGDP速報。18日に、11月の外国人旅行客数。19日に、10月の貿易統計と9月の全産業活動指数。アメリカでは17日に、10月の工業生産と消費者物価、11月のNAHB住宅市場指数。18日に、10月の住宅着工戸数。19日に、10月のカンファレンス・ボード景気先行指数。また中国が18日に、70都市の住宅価格を発表する。

      ≪16日の日経平均は? 予想 = 下げ


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2015/11 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.