FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
“合意なき離脱”に猛進 / イギリス (下)
2019-09-06-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 強固な岩盤はイギリス人魂 = EUは現在28か国が加盟、5億1200万人を擁する世界最大の単一市場だ。イギリスも1973年に加盟した。しかし近年はEUが定めた数々の規制や、特に移民の受け入れ方針などに対する不満が高じ、16年の国民投票でついに離脱を決定した。その根底には、ドイツとフランスが主導するEUの支配下には置かれたくないというイギリス人の歴史的・民族的な感情が、深く作用しているように見受けられる。

いま最大の問題となっているのは、メイ前首相とEUが合意したアイルランド国境に関する“安全策”。アイルランド島で国境を接するEU加盟国のアイルランドとイギリス領の北アイルランドを、どう処置するか。この両者は同じ民族で、国境に税関や検疫所を設けることには、きわめて強い抵抗がある。そこで解決策が見つかるまで、北アイルランドをEU加盟国並みに扱うというのが、いわゆる“安全策”だった。

ところが領土の一部である北アイルランドを、EUの支配下に残すことは許されない。そのくらいならば、たとえ大きな経済的損失があっても、北アイルランドを含めた離脱。それが結果的に“合意なき離脱”になっても、やむを得ない。これがジョンソン首相の考え方であり、国民の半数が同調する基本的な理由だろう。

総選挙が10月14日に実施されるかどうかは、まだ不明。仮に実施されてジョンソン氏の与党が勝てば、イギリスは“合意なき離脱”に向けて突っ走るに違いない。ただ野党が勝っても、離脱の期限が延長されるだけ。すぐに同じことが、繰り返されることになる。イギリス人の気質からだけ判断すると、結局は秩序がなくてもイギリスはEUを飛び出すことになりそうだ。

       ≪5日の日経平均 = 上げ +436.80円≫

       ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.