FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2019-09-09-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 利下げ0.5%に賭けたNY市場 = アメリカでは、製造業を中心に景況感の悪化が目立ってきた。FRBが発表した地区連銀の経済報告では、12連銀のうち7連銀で「製造業の減速」が指摘されている。またISM(サプライマネジメント協会)の製造業景況指数は、3年ぶりに50を割り込んだ。8月の非農業雇用者数も13万人の増加にとどまっている。にもかかわらず株価は上昇、先週のダウ平均は394ドル値上がりした。

中国に対する第4弾の関税引き上げが発動されたが、同時に閣僚級の交渉再開も発表された。イギリスのEU離脱は、またまた延期されそうな雲行き。香港のデモも小休止になった。このように国際的なリスクは、多少とも緩和されている。そこへアメリカ経済への注意信号が点滅し始めた。これでFRBは中旬の会議で、0.5%の利下げに踏み切るだろう。市場はこの一点に期待を寄せたようだ。

日経平均は先週495円の値上がり。ニュ―ヨークの市況に引きずられた面が強い。加えて円相場が少し下落したことも幸いした。企業の減益傾向が明白となったが、株価はこれに目をつぶった形。今週もこんな地合いが続くかもしれないが、来週にはFRBの利下げが発表になる。そのあと目標がなくなると、株価はどう動くのだろうか。

今週は9日に、4-6月期のGDP改定値、7月の国際収支、8月の景気ウオッチャー調査。11日に、7-9月期の法人企業景気予測調査。12日に、8月の企業物価、7月の機械受注と第3次産業活動指数。アメリカでは11日に、8月の生産者物価。12日に、8月の消費者物価。13日に、8月の小売り売上高と9月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国が10日に、8月の消費者物価と生産者物価を発表する。

       ≪9日の日経平均は? 予想 = 下げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.