FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
“大恐慌”と どこが違うのか (上)
2020-05-13-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 不況の長さはずっと短い? = 新型コロナ・ウイルスが経済に与えた打撃は予想以上に大きく、世界経済はいま不況の底に沈んでいる。打撃の強さは金融危機やリーマン・ショックをはるかに超え、90年も前の世界大恐慌に匹敵するという見方が広がっている。たしかに不況の深さは大恐慌に近いかもしれない。しかし不況が続く長さは、コロナ不況の方がずっと短いと言えそうだ。

世界大恐慌は1929年、ニューヨーク株式取引所から始まった。10月24日の大暴落をきっかけに、株価が急落。これが引き金となって、不況の波は世界に広がった。しかも不況は長期にわたって続き、1933年にルーズベルト大統領が大々的な景気対策を打ち出すまで、多くの人々が暗黒の日々を暮らすことになった。

1929-33年の間に、ダウ平均株価は9割も下落した。アメリカのGDPは3割も減少、失業率は最悪の時点で25%に達している。これに対して今回、株価は2月の高値から3月の安値までが37%の下落。しかも現在までに、その半分を取り戻している。ただアメリカのGDP成長率は、4-6月期にマイナス40%に落ち込む見通し。失業率は4月の時点で14.7%、大恐慌が始まった当時の水準に上昇した。

しかしアメリカをはじめ先進諸国は、すでに段階的な経済再開への移行を模索している。このため最悪期は4-6月期で、その後は景気の回復が見込めるようになった。大恐慌のときには不況の最悪期が4年も続いたが、今回はずっと早く立ち直るだろうと期待されている。ただV字型の急回復は難しく、ゆっくりしたペースでの正常化になるという見方が強い。

                              (続きは明日)

       ≪12日の日経平均 = 下げ -24.18円≫

       ≪13日の日経平均は? 予想 = 下げ
          

                  ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2020/05 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.