FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
日銀の短観は、信頼できるのか?
2009-07-02-Thu  CATEGORY: 政治・経済
日銀は1日、6月の企業短期経済観測調査の結果を発表した。それによると、大企業・製造業の業況判断DI はマイナス48で、前回3月調査に比べて10ポイント改善した。ただ、この改善幅は民間の事前予想値よりは小さい。また中堅企業や中小企業の改善は遅々として進まず、特に中小企業・非製造業のDI はマイナス44で前回より2ポイント悪化した。

9月時点の予想については、大企業・製造業がマイナス30で今回より18ポイントの改善が見込まれている。しかし中小企業の予想はかなりきびしく、製造業は4ポイント改善してマイナス53になるが、非製造業は1ポイント悪化する見通しとなっている。要するに景気は回復の方向だが、その足取りは鈍いと言えるだろう。新聞やテレビの解説も、そう伝えている。だが、そこで大きな疑問が・・・。

内閣府と財務省は先週、6月の法人企業景気予測調査を発表した。この調査は日銀の短観とほとんど同じ手法で行なわれている。ところが、これによると大企業・製造業のDI はマイナス13.2で、前3月調査のマイナス66.0から一気に改善した。9月の予想は、なんと4.8のプラスになっている。また短観では9月に悪化する予想の中小企業・非製造業も、17ポイントほど改善するという。

日銀と政府の2つの調査。実施の時期、対象となった会社の数、質問の内容にほとんど変わりはない。もちろん、双方が実際に質問書を送付した約10000社は重複していない。だから集計の結果が違うと言ってしまえば、それまでだ。だが、あまりにも結果が異なる2つの調査。どちらを信用するかによって、景気の将来展望が大きく違ってしまう。政府も日銀も、なんとか説明すべきではないのか。

    ≪1日の日経平均 = 下げ -18.51円≫

    ≪2日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.