FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2009-08-03-Mon  CATEGORY: 政治・経済
日米の株価は、先週も堅調を持続した。特にダウ平均は前の2週間で950ドル近くも上げたため一服するかと思われたが、結局は週間78ドルの値上がり。7月中の上昇幅は1989年以来の大きさとなった。またS&P500種の過去5か月の成績は、1938年以来の最高を記録している。日経平均もニューヨークに引っ張られて、週間412円の値上がりとなった。

注目されたアメリカの4-6月期のGDPは、前期比の年率換算でマイナス1%だった。1-3月期のマイナス6.4%に比べれば大幅な改善で、7-9月期はプラス成長に戻るという観測が一気に強まっている。ニューヨーク市場の株価は、こうした空気を反映して続伸した。

今週、アメリカでは3日に7月の新車販売台数。7日に7月の雇用統計が発表される。新車販売は低水準ながら改善の方向が予想されるから、株価にとってはやや好材料になるだろう。しかし雇用統計は悪化が続きそうで、数字が予想以上に悪いと株価は冷やされる可能性が大きい。

国内では、3日に7月の新車販売台数。6日には6月の景気動向指数が発表になる。両方とも改善の傾向を示すと思われる。むしろ今週はなお続く企業の決算動向が、市場には影響を与えそうだ。反対に決算発表がピークを過ぎたアメリカは、マクロ経済の指標が重視されそうだ。

    ≪3日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.