FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
水面上に顔を出す 日米の経済
2009-08-13-Thu  CATEGORY: 政治・経済
ことし4-6月期のGDP速報値が、来週17日に発表される。民間研究機関による事前の予測調査によると、結果がプラス成長になることは確実。昨年4-6月期から続いたマイナス成長は5四半期ぶりにプラスとなり、世界同時不況で沈み込んだ日本経済はやっと水面上に顔を出す。

日本経済新聞によると、民間調査会社13社の予測値は平均が前期比の年率でプラス4.2%。また朝日新聞によると、15社の予測値はプラス1.1%からプラス6.4%まで。平均値は約3.8%になるという。最大の要因は、輸出と公共投資の大幅な伸び。消費もエコポイントの影響などで健闘、企業の設備投資もマイナス幅を縮小する見込み。

一方、すでに発表されたアメリカの4-6月期GDPは、前期比の年率でマイナス1.0%だった。前1-3月期のマイナス6.4%からは大きく改善したが、もう少しのところで水面には届かなかった。こちらも要因は、輸出と政府支出の大幅な伸び。民間の予測では、7-9月期はプラス1%前後に回復する見込みとなっている。

このように日米両国のGDPは、この4-9月中に相次いでマイナス成長から離脱。水面上に顔を出し、世界経済の正常化に向けて大きな一歩を踏み出すことになる。ただ両国ともに輸出と政府の財政支出が原動力となっており、その後の拡大テンポは鈍いと観測されている。このためアメリカは追加の景気刺激策を検討し始めたが、日本は選挙一辺倒でその余裕がない。

    ≪12日の日経平均 = 下げ -150.46円≫

    ≪13日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.