FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2009-08-10-Mon  CATEGORY: 政治・経済
先週のハイライトは、週末に発表されたアメリカの雇用統計だった。大方の予想をいい方に裏切って、失業率は9.4%に低下。非農業部門の雇用者数も、減少幅が大幅に縮小した。ニューヨーク市場はこの発表を控えて5日と6日は小幅に下げていたが、7日は発表を受けて大きく上昇した。ダウ平均は年初来高値で引けている。

日経平均はちょっと奇妙な動きを見せた。ニューヨークが雇用統計の発表を前に下げたにもかかわらず、6日と7日は上げて年初来高値を更新。個人投資家が利益確定の売りに走ったのに対して、ヨーロッパ系を中心とする外国人投資家が大量の先物を買ったためだという。週間では55円の値上がりとなった。

今週のニューヨーク市場は、上げ相場が続くという見方が支配的だ。そうなると円の対ドル相場も下がる方向だが、外国人投資家の出方はよく判らない。個人投資家の目線が上を向けば、東京市場も続伸するだろう。

雇用で一息ついたニューヨークの次の関心は消費。13日には7月の小売り売上高、14日には7月の消費者物価と鉱工業生産が発表になる。国内では、10日に7月の景気ウォッチャー調査。11日には7月の消費動向調査、12日には7月の企業物価指数が発表になる。ほかに中国が、11日に7月の貿易統計。12日に7月の小売り高と生産統計を発表する予定。

    ≪10日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.