FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
プラス成長は 持続できるのか (上)
2009-08-18-Tue  CATEGORY: 政治・経済
内閣府が発表した4-6月期の実質GDP成長率は、前期比でプラス0.9%だった。年率換算ではプラス3.7%となり、5四半期ぶりにプラス成長を取り戻した。日本の実質成長率は世界不況の影響を受けて昨年4-6月期からマイナスに落ち込み、結局08年度の成長率はマイナス3.2%にまで低下した。

それがプラス成長に転じた要因は、輸出の回復と公共投資の増加に加えて個人消費が健闘したことに求められる。このうち輸出は前1-3月期の22.5%減少から、4-6月期は6.3%増加へと大きく改善した。公共投資も前期の2.6%増加から、8.1%増加に伸びている。また個人消費も前期の1.2%減少から、0.8%の増加へと予想以上の底堅さをみせた。

半面、企業の設備投資は前期の8.5%減少から4.3%減少へと改善はしたが、まだ成長率の押し下げ要因。また民間の住宅投資は前期の5.7%減少から、4-6月期は9.5%減少へとマイナスの幅を広げている。

これから先、7-9月期以降の見通しはどうだろうか。まず輸出は中国を初めとするアジア諸国、それにアメリカやヨーロッパの景気も徐々にではあるが回復に向かっているから、GDPのプラス要因として期待できるだろう。公共投資も景気対策の支出が続くから、マイナス要因になることはなさそうだ。問題はウェートの大きい個人消費が握っている。

                                      (続きは明日)

    ≪17日の日経平均 = 下げ -328.72円≫

    ≪18日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.