FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
プラス成長は 持続できるのか (下)
2009-08-19-Wed  CATEGORY: 政治・経済
個人消費は4-6月期に、前期比0.8%増加するという意外な健闘ぶりをみせた。なにしろ消費支出の源泉となる所得が伸びていない。4-6月期のGDP統計から雇用者報酬を抜き出してみると、前年比で4.7%も減っている。また6月の毎月勤労統計でみても、1人当たりの現金支給総額は前年同月より7.0%減少した。

所得が減っているのに消費が伸びたのは、エコカーへの補助金や電気製品に対するエコポイント制の実施が貢献したためだと考えられる。だが、こうした政策による効果は、一巡すれば低下せざるをえない。したがって7-9月期のGDPは、輸出・公共投資のプラス分vs消費のマイナス分の綱引きになる公算が大きい。

実質成長率が5四半期ぶりにプラスを記録したとはいえ、景気の回復は始まったばかりである。4-6月期のGDPは年率で526兆3700億円だったが、この水準は04年10-12月期の規模にほぼ等しい。ピークだった昨年1-3月期に比べると、まだ7.5%も低い。

そういう観点からすると、今後もプラス成長が続かなければ意味がない。そのカギは個人消費にあることが判っているのだから、自民党であれ民主党であれ次の政府は個人の所得増に全力を挙げるべきだ。しかし両党の選挙マニフェストに、こういう政策主張は見当たらない。

    ≪18日の日経平均 = 上げ +16.35円≫

    ≪19日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.