FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
底入れした アメリカの住宅市場
2009-08-28-Fri  CATEGORY: 政治・経済
アメリカの住宅市場が、ようやく底入れした。新築・中古住宅の販売は、はっきりと上向き基調に転じている。7月の新築住宅販売件数は、前月比9.6%の大幅な増加。これで4か月連続の増加となり、在庫も7.5か月分に減った。中古住宅の販売件数も、7月は7.2%の増加。こちらも4か月連続の増加で、前年比でみても5.6%の増加となっている。

7月の新築住宅着工件数は、前月比1.0%の減少だった。ただ一戸建て住宅は1.7%の増加。5か月連続でプラスを持続している。住宅着工は今回の不況で、ことしの4月には年率47万9000戸まで減少した。それが7月には58万1000戸まで回復している。

価格の上昇も始まっている。6月のS&Pケース・シラー指数によると、主要10都市の平均価格は前月を1.4%上回った。価格の上昇は5月に続くもので、ボストンやサンフランシスコが高い上昇率を記録している。4-6月期でみても前期比2.9%の上昇となり、3年ぶりのプラスとなっている。

失業者の増加が止まらないため、いぜんとして差し押さえ物件の競売が多い。このため住宅市場が底入れしたかどうかについては、まだ慎重な見方も少なくない。しかし販売、着工、価格の面でプラス傾向が明白になってきたことからみて、バブル崩壊から2年たったいま、ようやく住宅市場は底入れしたとみていいのではないか。

    ≪27日の日経平均 = 下げ -165.74円≫

    ≪28日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.