FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
大企業の景況判断は、やっとプラスに
2009-09-18-Fri  CATEGORY: 政治・経済
内閣府と財務省は17日、7-9月期の法人企業景気予測調査を発表した。それによると、大企業の景況判断指数がプラス0.3%に上昇、7四半期ぶりにプラスを回復した。前4-6月期はマイナス22.4%だったから、大幅に改善したことになる。

この調査は全国1万1000社以上の企業を対象に、8月25日に実施した。各社の景況が「前期より上昇した」と答えた割り合いから「下降した」と答えた割り合いを差し引いて、指数を算出している。大企業の景況判断指数がプラスになったのは、製造業の指数が前期のマイナス13.2%からプラス15.5%に好転したことが大きく響いている。

ただ大企業の非製造業や中堅企業、中小企業の判断指数はまだいずれもマイナス。特に中小企業はマイナス36.7%と、前期より景況が悪化したとみる企業が圧倒的に多い。なかでも製造業はマイナス37.1%で、プラスになった大企業との格差が鮮明になっている。

大企業・製造業の改善は、エコカーに対する減税や補助金あるいは家電に対するエコポイント制度が貢献した。だが、その恩恵が中小企業にまでは及んでいない。またプラスになった大企業にしても、雇用に関してはきびしい判断をしている。人員が「不足気味」から「過剰気味」を差し引いた指数は、大企業・製造業でもまだマイナス18.9%だった。

    ≪17日の日経平均 = 上げ +173.03円≫

    ≪18日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.