FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2009-09-27-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第15章 エコカーって、なんだろう? ⑬

そう遠くないうちに、電気自動車の時代がやってくることは間違いないでしょう。街には充電スタンドが並び、自動車の排気ガスは全くなくなります。また自動車産業も大きく変わります。さらに電気自動車は全く別の目的のために使われ、みなさんの生活にも大きな役割を果たすことになるかもしれません。

ガソリン自動車の仕組みは、かなり複雑です。その部品の数は3万もあると言われています。電気自動車の部品は、その4分の1。エンジンや変速機(へんそくき)などの複雑な機械は使いません。このためガソリン自動車は作るのがむずかしかったのですが、電気自動車はわりに簡単に作れます。このため新しい会社も、たくさん出現すると考えられています。

みなさんは、住宅の屋根の上に敷かれた太陽光発電のパネルを見たことがあるでしょう。この太陽の光で電気を起こす装置(そうち)も、これからはどんどん増えて行きそうです。そこで起こした電気は、電池に貯めておくことができますね。

アメリカでは、この太陽光発電で起こした電気を、電気自動車に貯める実験が始まっています。電気自動車は必ず電池を積んでいますから、そこに余った電気を溜め込むわけです。しかも電気自動車を電灯線につないで、電気が不足している家庭や工場に、この電気を売れるようにする実験です。みなさんが大人になったときには、日本でもこんなことが実現しているかもしれません。

                            (エコカーって は終わり)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.