FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 太陽光発電への期待 ⑩
2009-10-03-Sat  CATEGORY: 政治・経済
10) 大規模な計画 = 海外では、きわめて大規模な太陽光発電計画が進行している。たとえばアメリカのファーストソーラー社は、中国の内モンゴルに世界最大級の発電所を建設すると発表した。最終的な発電能力は200万キロワット。超大型の原子力発電所に匹敵する。

10年6月までに着工し、操業を続けながら19年には完成させる予定。砂漠地帯に65平方キロメートルの用地を取得し、薄膜型のシリコン電池を敷き詰める。総投資額は不明だが、発注者は内モンゴル自治区のオルドス市当局。オルドス市はこの電力を使って、工場群の誘致を図る考えのようだ。

なにしろ砂漠には、日光が燦々と降り注ぐ。このため砂漠での太陽光発電計画は、いろいろな形で進められている。その1つがEU(ヨーロッパ連合)によるサハラ砂漠計画。まず10万キロワットの発電所を建設して、ヨーロッパ各国へ電力を供給する。家庭の消費量にすると、3万3000軒分になるという。

変わりダネは、オーストリアの太陽光発電所。首都ウィーンから50キロほど離れたところにある原子力発電所を、そっくり太陽光発電所に変えてしまった。この原子力発電所は30年以上も前に建設されたが、国民投票で否決され、一度も運転されたことがない。地元の電力会社がこの原発を買い取り、08年末から敷地や建物の屋上にパネルを設置。ことし6月から操業を開始した。

                            (続きは来週サタデー)

    ≪2日の日経平均 = 下げ -246.77円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.