FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
輸出は足踏み : 心配な景気の先行き
2009-09-29-Tue  CATEGORY: 政治・経済
財務省が発表した8月の通関統計によると、輸出額は4兆5100億円。輸入額は4兆3300億円で、貿易黒字額は1857億円だった。このうち景気の動向に関連が深い輸出の前年比は、36.0%の減少になっている。最悪だった2月の49.4%減少からは改善しているが、7月の36.5%減少に比べるとほとんど変化がない。

8月の輸出を地域別にみると、アジア向けは前年比30.0%減少。うち中国向けは27.6%減少だった。またアメリカ向けは34.4%減少、EU向けも45.9%減少と振るわなかった。商品別では、鉄鋼が43.3%、一般機械が43.8%、電気機器が30.7%、自動車が50.0%のいずれも減少。輸出の回復は、足踏み状態になっている。

ただ輸出を数量ベースでみると、改善の度合いはもう少し進んでいる。たとえば2月の輸出量は前年比45.4%減少にまで落ち込んでいたが、8月は25.3%減少に戻している。数量ベースに比べて金額ベースでみた輸出の改善が遅れているのは、価格の下落によるためだ。8月の輸出価格は、前年比で14.3%も下がっている。

世界的な需要不足が、価格低下の基本的な原因だ。加えて円高の影響がじわっと現れ始めている。9月-10月は、その影響がもっと強まるかもしれない。こうした輸出金額の伸び悩みは、景気にとってのプラス要因が薄れることを意味している。内需の拡大にも期待できない状況のなかで、鳩山内閣はどんな景気観と対策案を持っているのだろうか。

    ≪28日の日経平均 = 下げ -256.46円≫

    ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ

                    ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.