FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
生産の回復も 重たい足取り
2009-10-01-Thu  CATEGORY: 政治・経済
経済産業省が30日発表した8月の鉱工業生産は、前月に比べて1.8%の増加だった。これで6か月連続の増加となったが、前年に比べるとまだ8割強の水準。そのうえ回復のテンポは、目に見えて遅くなってきた。きょうから下半期入りした日本経済だが、どうにも元気がなさすぎる。

出荷は前月比1.0%の増加。在庫は前月比で横ばいだった。生産が伸びた業種は、鉄鋼と自動車、電子部品・デバイス工業など。このうち鉄鋼は、中国やタイ向けの輸出が堅調だった。また自動車は、エコカーに対する減税や補助金の効果が大きい。結局、生産の回復は輸出と政府の対策に支えられていると言えるだろう。

同時に発表された予測調査によると、9月は前月比1.1%、10月は2.2%の増加となっている。ただ予測調査の面からみても、生産の回復力は弱まっているように見受けられる。たとえば前月の予測調査で2.4%増加とみられていた8月の結果は、1.8%の増加にとどまった。また前月は3.2%の増加と予測していた9月分は、今回の予測で1.1%増加に引き下げられている。

生産が7月に続いて8月も増加したことで、7-9月期のGDP成長率がプラスになる可能性は高まった。だが輸出の回復はほとんど足踏み状態。自動車や家電に対する支援政策も、しだいに効果が落ちてきている。こんなときに、鳩山内閣は補正予算の一部を削って、来年度予算の財源に充てようとしているわけだ。下半期の景気は、どうなるのか。心配である。

    ≪30日の日経平均 = 上げ +33.03円≫

    ≪1日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



 このブログは、きょうで4年目を迎えました。みなさんのご支援に、改めて感謝いたします。
     
  過去3年間の記事数は1095本でした。ブログ右側の「月別アーカイブ」から、すべてを引き出すことができます。ぜひ、ご利用ください。

 3年間の日経平均予想は498勝240敗。勝率は6割7分5厘でした。
   
   





ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.