FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
民主党・経済政策の アキレス腱 ≪2≫
2009-10-15-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇失業者を減らせるのか? ② = 雇用統計によると、昨年12月の失業率は4.3%、失業者数は270万人だった。それがことし8月には、失業率が5.5%、失業者数は361万人に急増している。もっとも昨年末の時点では、リーマン・ショックに端を発した不況の底が見えずに先行きは真っ暗闇。現在は成長率もプラスを回復して、一応の落ち着きは取り戻している。

しかし失業者の数は100万人近くも増えている。年末に向かって、さらに増加する可能性が大きい。鳩山内閣が考えている緊急対策で、そのうちの何割を救済することができるのだろうか。最大の問題点は、「雇用創造プログラム」と銘打ちながら、積極的に新しい雇用を“創造”する政策が欠落していることである。

欧米の政府は新しい景気対策を実施する場合、必ず雇用創出効果を数字で挙げている。たとえばオバマ大統領は景気対策法の実施で、2年間に350万人の新しい雇用を作り出すと明言した。わが民主党は子ども手当てなど家計の収入増を図ることによって景気を回復させると言っているが、この方法で新しい雇用が何100万人も増えるとはとうてい考えられない。

すでに失業してしまった人の救済。たとえば職業訓練とか生活保護とかは必要最小限の、いわば対症療法である。もっと積極的な雇用創出対策がなければ、失業者は減らないだろう。それがなければ、新卒者の就職難も緩和されない。この冬、再び「年越し派遣村」のような光景が繰り返されれば、それは鳩山内閣にとって最初の大失点になるだろう。

                 (このシリーズは随時掲載します)

    ≪14日の日経平均 = 下げ -16.35円≫

    ≪15日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.