FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 太陽光発電への期待 ⑭
2009-10-31-Sat  CATEGORY: 政治・経済
14) 日本経済の大黒柱にしよう = 一軒一軒の住宅はもちろん、ビルやマンションの屋上やガラス窓、それに駅や電車やバスの屋根にまで太陽光発電パネルが取り付けられている。薄くて柔軟性のある皮膜だから、パネルはほとんど見えない。だが国中が太陽の光で電気を起こしている。

街を走る車のほとんどが電気自動車。各家庭で発電された電力は自分の家で消費したあと、余った分は車のバッテリーに保存する。この余剰電力は車につながれた電灯線を通じて電力会社に売られたり、地域で電力を必要としている家庭や工場や病院にも届けられる。朝起きて車に充電したいときには、反対の操作で電力を買えばいい。

日本の技術と製品は、世界の追随を許さない。途上国はむろんのこと、欧米の先進国でも日本の現地工場が操業し、大量の輸出も行なわれている。太陽光パネルに使われる半導体、電気自動車用のバッテリー。日本の技術と製品が世界市場を制覇している。 ← 30-40年後に期待される日本の光景だ。

いま太陽光発電設備と自動車用バッテリーに関する日本の技術水準は、頭ひとつだけ他国を引き離している。今後の努力で世界市場を制覇できる可能性は、決して小さくない。それにはメーカー各社による技術革新がなにより大切だが、国民の理解や政府の施策も必要だ。要するに太陽光発電とバッテリー産業を、日本経済を再生させるための大黒柱に育てる大方針の確立が肝要である。

                         (太陽光発電 は終わり)

    ≪30日の日経平均 = 上げ +143.64円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】    

         ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.