FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
弱々しい 工業生産の回復力
2009-10-30-Fri  CATEGORY: 政治・経済
生産の回復テンポが、だんだん鈍ってきた。経済産業省の発表によると、9月の鉱工業生産は前月比で1.4%の増加だった。これで3月から7か月連続の増加とはなったが、回復の勢いは明らかに弱々しくなっている。前年同月比では、まだ18.9%も低い水準。この調子だと、不況前の状態に戻るには1年以上もかかってしまう。

出荷は前年比3.4%の増加、在庫は0.5%減少した。生産の増加に寄与した業種は、輸送機械工業、電子部品・デバイス工業、電気機械工業など。輸出の回復とエコカー減税などの支援政策が、生産をなんとか持ち上げている恰好だ。しかし回復率は4-5月の6%近い勢いから次第に減速し、8月の1.6%に続いて9月も1.4%と失速寸前のテンポに落ち込んでいる。

同時に実施した予測調査によると、10月は前月比3.1%、11月も1.9%増加する見通し。このため経済産業省は「生産は持ち直しの動きで推移している」とコメントした。だがエコカー支援策や家電製品に対するエコポイント制度などの効果は、しだいに低下しつつある。また大手自動車メーカーの国内生産台数も、頭打ちの傾向が強まってきた。

こうした状況のなかで民主党内閣は、補正予算を3兆円カットして来年度予算の財源に転用してしまった。しかも、その分は子育て支援などの低所得層対策に使われる。民主党の「コンクリートから人へ」の哲学は理解できるが、これで経済の主柱である生産が増えるとは思えない。あとは輸出に頼るだけというのでは、鳩山首相が所信表明で力説した“内需拡大”が宙に浮く。

    ≪29日の日経平均 = 下げ -183.95円≫

    ≪30日の日経平均は? 予想 =上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.