FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
民主党・経済政策の アキレス腱 ≪4≫
2009-11-06-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇実効性ゼロ? の返済猶予法案 = 政府は先週30日、問題の「中小企業金融円滑化法案」を臨時国会に提出した。その内容は、金融機関に対して、貸し付け条件の変更に応じる努力義務を課するというもの。11年3月までの時限立法となっている。

亀井金融相が最初にブチ上げたのは、貸付金の元利合計を強制的に3年程度、塩漬けにするという構想。非常手段を意味する“モラトリアム”という言葉も使われて、大論争を惹き起こした。それに比べれば、提出された法案の内容は全く穏やかなもの。猶予期間や金利については、一言も触れていない。条件変更も「借り手の要請があれば」ということになった。

金融機関に対して、条件変更の実績の開示を義務づけたから、金融機関側も相談体制を整備するなど気は遣うに違いない。しかし、この程度の法律ができたからといって、金融機関が経営状態の悪い企業に甘い態度をとるとは思えない。金融庁は「条件変更に応じた債権は不良債権とみなさない」と言っているが、金融機関にとっては実質的に不良債権であることに変わりはない。

その結果、金融機関の経営が悪化したとき、株主や出資者にどう説明すればいいのか。また金融機関の経営が悪化すれば、貸し出し余力も低下する。金融機関はそれを避けるために、新規の貸し出しを極力絞ることになるだろう。健全な中小企業にとっては、迷惑な結果にもなりかねない。得をしたのは、名前を売った亀井大臣だけなのかも。

    ≪5日の日経平均 = 下げ -126.87円≫

    ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ≫ 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.