FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2007-01-22-Mon  CATEGORY: 政治・経済
アメリカのブッシュ大統領が23日夜(日本時間24日)、一般教書を議会で読み上げる。今回の一般教書で特に注目されているのは、対イラク新政策の説明と地球温暖化問題に対する姿勢。

温暖化防止について、アメリカは97年12月の京都議定書をまだ批准していない。ブッシュ大統領自身も京都議定書には反対の意見を表明してきた。

03年の統計でみると、アメリカのCO2(二酸化炭素)排出量は全世界の22.8%を占めて世界最大。そのアメリカの批准が滞っているため、世界の温室効果ガスの排出規制はあまり進んでいない。

ただアメリカでは温暖化防止を政策目標に掲げる民主党が上下両院を制した。またカリフォルニア州が独自の防止対策を決めた。大型ハリケーンの襲来によって、関心は国民の間でもかなり高まってきている。

こうしたなかで、ブッシュ大統領は①京都議定書を批准する方向②全く新しい温暖化防止戦略を提案③バイオエタノールの生産、普及の促進で脱石油化ーーなどを表明するのではないかという予想も出ている。しかし実際には③の表明にとどまるのではないだろうか。

*温暖化については、このブログの土曜版「地球の温暖化」を参考にしてください。(12月2日から毎週土曜日)

    ≪22日の日経平均 = 上げ≫

    ≪23日の日経平均は? 予想=下げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.