FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
日銀・白川総裁の “豹変” (下)
2009-12-09-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ ひょうたんから駒 = 政府の圧力に屈した日銀の奇妙な決定だったが、その効果は予想外に大きかった。たまたまアメリカの景気見通しが明るさを増し、金利がやや上昇した。ドバイ・ショックも地域的な事件で終る可能性が高まった。そこへ日銀の決定が重なって、日本の金利はやや下がった。結果は円高が目に見えて修正された。株価も大幅に上昇した。

日銀が慌てて政策転換したことも、市場にはプラスに働いた。年末には終了すると公表していた量的緩和政策を、こんなに早く方針転換して継続するとは思っていなかったから、逆に心理的な効果は強まることになった。日経平均が一週間で1000円近くも上昇したのは、このためである。こうした結果にいちばん驚いているのは、白川総裁自身かもしれない。

もちろん政府が第2次補正予算の編成に踏み切り、金額が上積みされたことも好影響を与えた。しかし補正予算が成立して、実際におカネが支出されるのは早くても来年3月。それまでの景気を、今回の金融緩和政策で下支えできるのかどうか。この点についての疑問は、どうも消えそうにない。すでに経済界やマーケットでは、さらなる緩和政策を期待する声が強まってきている。

年末から年初にかけてアメリカの景気回復が着実に進み、中国をはじめとするアジア各国の経済も上向きになれば、日本の景気も再下降することは避けられるかもしれない。だが特にアメリカの景気が一進一退を続けると、日本の景気が二番底に陥る懸念が再燃する可能性は否定できない。そのとき日銀の今回の措置が現行の緩和策となんら変わりないことが再認識されると、ひょうたんから出た駒はあえなく融解してしまう危険性を秘めている。

    ≪8日の日経平均 = 下げ -27.13円≫

    ≪9日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.