FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
中国の輸入増 : 気になることは
2009-12-16-Wed  CATEGORY: 政治・経済
中国税関総署の発表によると、11月の輸入額は945億6000万ドル(約8兆5000億円)だった。昨年同月に比べると26.7%の大幅な増加となっている。前年の水準を超えたのは、ちょうど1年ぶり。一方、輸出額は1136億5300万ドルで、前年比は1.2%の減少だった。ほぼ前年並みの勢いを取り戻したと言えるだろう。この結果、11月の貿易黒字は190億9300万ドルとなった。

輸入が大幅に増えたのは、国内の景気が回復して生産が増大。部品や原材料の輸入増加につながった。11月の鉱工業生産は前年比で19.2%増と、2年5か月ぶりの高い伸びを示している。中国の場合は輸入した部品や原材料を組み立てて輸出するケースが多いため、輸入の増加は近々のうちに輸出の増加となって現われる。それが景気をさらに押し上げる可能性が大きいと考えられている。

日本の景気にとって重要なのは、中国の輸入動向だ。中国の輸入額は、世界不況の影響で昨年11月から激減。これが日本の対中輸出を減少させる結果となった。たとえば、ことし1月に中国の輸入額は前年比で43.1%も減少した。このとき日本側の通関統計で、中国向けの輸出は45.2%の減少となっている。

中国の輸入額は、11月に前年比27%も伸びた。日本の対中輸出は、どのくらい増加したのだろうか。前年比でプラスになるのは確かだが、一部の情報によると日本からの輸入は17%程度の増加に止まったという。正確な数字は財務省が21日ごろ発表する貿易統計を見なければ判らないが、どうも中国の輸入全体の伸びに比べると日本の対中輸出は増加率が小さくなるい可能性が強い。気になるポイントだ。

    ≪15日の日経平均 = 下げ -22.20円≫

    ≪16日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.