FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
生産の回復 : 自動車がリード
2009-12-29-Tue  CATEGORY: 政治・経済
経済産業省の発表によると、11月の鉱工業生産は前月より2.6%増加した。出荷も0.9%の増加だった。これで生産と出荷の増加は、ともに9か月連続している。また今後の予測では、12月が3.4%、来年1月も1.3%増加する見通しとなった。これらの数値から、同省では「生産は持ち直しの動きで推移している」という基調判断を据え置いた。

では、どの程度まで持ち直したのだろうか。発表によると、前年同月比は3.9%の減少。新聞各紙もこの数字を載せているが、これはあまり意味がない。いつも言うように、昨年11月の生産水準が不況の影響で大きく落ち込んでいるからだ。昨年12月はもっと落ち込みが激しくなっているから、もし予測の通り12月の生産が3.4%増加すれば、12月に前年の水準を上回るのは当然ということになる。

1つの比較方法は、生産が最も低下したことし2月の水準と比べてみることだろう。その結果は27%の増加。つまり最低水準からは3割近く這い上がったことがわかる。もう1つは、生産指数の基準年次である05年平均との比較。これでみると、11月の水準は11.7%の減少ということになる。あと1割ちょっと上昇しないと、05年のレベルに達しないわけだ。

11月の生産を引き上げた最大の品目は自動車だった。たとえば乗用車の生産は05年を100とすると、ことし2月には48.3まで落ち込んでいる。これが11月には100.4まで回復した。つまり乗用車の生産に関する限りは、ようやく05年の水準に戻ったこと。最低水準からみると、2倍以上に増加したことが判明する。今後の生産動向も、自動車しだいと言えるかもしれない。

    ≪28日の日経平均 = 上げ +139.52円≫

    ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.