FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
中途半端な 住宅エコポイント
2010-01-20-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 新築への効果は疑問 = 政府は3月中に実施する、新しい住宅エコポイント制度の詳細を発表した。それによると、新築住宅については1戸当たり30万円分のポイント。改築については、外壁が10万円分、床が5万円分、二重窓が7000-1万8000円分などとなっており、改築の場合も上限は30万円分のポイント付与となっている。新しい試みだけに、住宅業界では期待が大きいという。だが、ほんとうに効果をあげるのだろうか。

エコポイント制度は、自民党の麻生前内閣が家電製品について導入。民主党の鳩山内閣も踏襲し、薄型テレビの売上げが急増するなど、一定の成果をあげたと評価されている。こんどは、それを住宅にまで広げたわけだ。しかしテレビのエコポイントは、たとえば32型で1万2000円分。価格の約1割になる。これに対して新築住宅の場合は、建築費だけを考えても1000万円をはるかに超えるだろう。それに30万円の補助で、新しい需要が掘り起こされるとは考えにくい。

改築の分野では、ある程度の効果を見込めるかもしれない。だが、その金額は大きくないだろう。やはり新築住宅が増えることで、経済には活気が出る。新築のエコポイントは、少なくとも100万円にして欲しかった。財源がないというかもしれないが、第2次補正予算では住宅エコポイント分として1000億円を計上している。その予算が枯渇するほど住宅が建てば、こんなにいいことはない。

いったい、この住宅エコポイント制度は、なにを狙った政策なのだろう。地球温暖化対策の一環なのか。民主党が得意とする家計補助なのか。それとも景気対策なのか。その辺のところが、きわめて曖昧なままに企画・立案されたように思えてならない。経済政策はなにを目標として実施するのか。この点についての意識が、民主党政権にはどうも希薄であるような気がする。
   
    
    ≪19日の日経平均 = 下げ -90.18円≫

    ≪20日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.