FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
行き先が不明の 財政演説
2010-01-19-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 素っ気ない演説 = 第174通常国会が18日、召集された。会期は6月16日までの長丁場。野党は「政治とカネ」の問題を徹底追及する構えなのに対して、与党は09年度第2次補正予算と10年度予算の早期成立を最優先する姿勢である。このため鳩山首相の施政方針演説も、2次補正予算の成立後に先送り。代わりに菅副総理・財務相の財政演説でスタートした。

菅副総理はこの財政演説のなかで、景気の現状については「持ち直してきているものの、まだ厳しい状況にある」と分析。景気の回復を確実なものとするために「2次補正予算の一刻も早い成立が必要だ」と訴えた。この2次補正は総額7兆2013億円。景気の二番底を回避するためにも重要であり、「政治とカネ」の前に成立させたいという気持ちはよく判る。これに対して、自民党などの野党はどう対応するのだろうか。

ただ、それにしても菅副総理の財政演説は、あまりにも素っ気なかった。この補正予算案のなかには、雇用対策に6140億円、環境対策に7768億円、景気対策にも1兆5742億円が計上されている。これらの財政支出が実行されることによって、雇用者はどのくらい増えるのか。エコポイント制度などの結果、個人消費はどうなるのか。また景気はどれだけ押し上げられるのか。そのくらいのことは説明すべきだったろう。

財政演説は国会内部のイベントではない。国民向けの情報開示であるはずだ。この2次補正によって経済がどう変わるのかを知らされなければ、国民は判断のしようがない。民主党の経済政策は、いつも目標の説明が足りない。国民としては、行き先の表示がないバスがきたような感じだ。乗っていいのか、悪いのか。施政方針演説では、ぜひ行き先を明示してもらいたい。
  
  
    ≪18日の日経平均 = 下げ -127.02円≫

    ≪19日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.