FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
3つの統計をどう読むのか
2007-01-30-Tue  CATEGORY: 政治・経済
きょう30日に発表された3つの経済指標をどう読むかは、なかなか難しい。まず12月の鉱工業生産は前月比0.7%の増加。これで3か月連続の増加となった。経済産業省では「生産は総じて上昇傾向にある」とコメントしている。ただ出荷は0.8%の減少。このため在庫は1.3%増加した。この点がやや気がかりである。

総務省が発表した12月の失業率は4.1%で、前月より男女とも0.1ポイント悪化した。しかし就業者数は前年比39万人増えており、完全失業者も21万人減った。失業率の上昇は求職者が増えたためとみられるから、雇用情勢に大きな変化はない。ただ卸・小売業の就業者数が減少したのは、やはり気がかり。

一方、家計調査によると、12月は全世帯の消費支出が実質で前年比1.9%減少した。これで減少は12か月連続。このうち勤労者世帯は実収入が6.5%伸びたのにもかかわらず、消費支出は3.3%減っている。

全体として消費関連の数字が出遅れ気味だ。就業者の増加、賃上げやボーナス増が、まだ消費支出面には現れてこない。もう少し待てば現れてくるのか。それとも家計は、いまから消費税など負担の増大に備えているのか。

   ≪30日の日経平均 = 上げ≫

   ≪31日の日経平均は? 予想 = 下げ

   Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.