FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2010-02-01-Mon  CATEGORY: 政治・経済
今週は5日に、アメリカ労働省が1月の雇用統計を発表する。12月の失業率は10.0%と2ケタのまま。雇用者の減少もまだ止まらない。ユーロ圏の失業率も12月は同じ10.0%で、通貨統合後では初めて2ケタを記録した。日本の失業率も12月は5.1%と、高止まりしたままだ。日米欧の先進国は不況から脱出しつつあるが、雇用情勢だけは改善しない。各国経済にとっては、共通の試練になってきた。

こうしたなか、オバマ大統領は一般教書演説で「ことしは雇用創出を最優先課題にする」方針をきわめて明確に打ち出した。アメリカ経済が抱えた問題点を正確に把握した、施政方針演説だったと言えるだろう。片や、日本の施政方針演説。鳩山首相は50分間の演説で「いのち」という言葉を24回も使ったが、雇用の創出については言葉少なだった。理念だけで具体性に欠けると評された一因である。

先週の株式市場は、全く冴えなかった。ダウ平均は週間106ドルの値下がり。これで3週連続の下落となった。日経平均は393円の値下がり。先々週からの2週間で784円の大幅な下げである。アメリカの金融規制強化や中国の引き締め懸念などが響いたとしても、やや弱気に走りすぎ。その根底には、雇用の改善はむずかしいという悲観論の広がりがあるのかもしれない。

今週1日には日本の、また2日にはアメリカの、1月の新車販売台数が発表になる。日米の新車販売は回復の方向にあるが、最近は伸びが鈍りがち。どんな結果が出るのだろうか。国内では5日に、昨年12月の景気動向指数が発表になる。こちらの方は、順調な改善になると思われる。
    

    ≪1日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.