FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 現代のお宝・ レアメタル ②
2010-02-13-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 現代産業のビタミン剤 = レアメタルは、いずれも驚くべき特技の持ち主だ。他の金属や素材と混ぜ合わせることによって、その強度を飛躍的に高くする。素材の伝導性や磁性を強くしたり、電池の容量を増大したり。現代産業にとっては不可欠の物質であり、モノ作りのためのビタミン剤と言ってもいいだろう。

電気自動車やハイブリッドカー、テレビ受信機やステレオ、パソコン。さらに冷蔵庫から掃除機にいたるまで、身の回りの生活用品にも、レアメタルが使われていないものを探す方がむずかしい。一例をあげると、携帯電話に使用されているレアメタルは、インジウム、ネオジウム、ガリウム、タンタル、チタン、リチウム、ベリリウム・・・といった具合。

レアメタルの特性は、大きく4つに分けられるかもしれない。1つは構造材を強化する機能。たとえば鉄や銅、アルミニウムなどに添加すると、強度が増して錆びにくくなる。クロムやニッケル、モリブデン、パナジウム、チタンなどが代表例だ。2つ目は、排気ガスを浄化する触媒機能。代表的なプラチナは、いまや宝飾品に使用されるよりも自動車の排ガス抑制に使われる量の方が圧倒的に多い。

3つ目は、電子材料や磁気材料としての機能。半導体は主にシリコンやゲルマニウムが材料だし、発光ダイオード、リチウムイオン電池、磁気記録素子、超伝導材料など、この分野での利用は急速に拡大中だ。ニッケルやリチウムのほか、ネオジウムやインジウム、それにレアアース類がこの分野では活躍している。4つ目は、機能性材料としての機能。光触媒や光学ガラス、ニューセラミックス、プラズマディスプレーなどの材料として使われる。携帯電話には、これら4つの機能がすべて利用されている。


                          (続きは来週サタデー)

    ≪12日の日経平均 = 上げ +128.20円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝0敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.