FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 現代のお宝・ レアメタル ④
2010-02-27-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 争奪戦 vs 囲い込み = 貴重なレアメタルをめぐって、いま世界的な争奪戦が始まっている。主役はアメリカ、ヨーロッパの先進諸国、それに日本。加えて韓国や中国も参入。産出国に対する経済援助、技術支援、共同開発計画など、各国は官民が協力して資源外交に人脈とカネとチエを注ぎ込んでいる。

産出国の側はレアメタルを活用して、国造りの基礎にしたいと考えているところが多い。リチウムの最大産出国であるボリビアは憲法を改正して、天然資源をすべて国有化することを決めた。産出国でもあり消費国でもある中国は、レアアースとタングステンの開発から外資を排除。レアメタルの輸出を許可制にして、06年から輸出量を減らし続けている。

レアメタルの価格は、ここ5-6年の間に軒並み数倍に跳ね上がっている。ただリーマン・ショック後は需要の落ち込みで値下がりしていたが、世界経済の回復とともに現在は再び上昇基調に戻っている。景気の回復が進み、ハイブリッド車や電気自動車が普及すると、価格の上昇と争奪戦はさらに激しさを増すことになるだろう。

経済産業省は09年7月「レアメタル確保戦略」を作成した。その骨子は①資源外交による権益の確保②レアメタルの代替材料開発③国家備蓄の強化④リサイクルの推進。このうち備蓄は、タングステン、コバルト、パナジウムなど9品目について60日分の備蓄を目指しているが、まだ3分の1程度しか達成されていない。


                            (続きは来週サタデー)

    ≪26日の日経平均 = 上げ +24.07円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】 

         ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.