FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 現代のお宝・ レアメタル ⑥
2010-03-13-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ リチウムの不思議(上) = レアメタルのなかでも、いま人気絶頂なのがリチウム。原子番号は3、元素記号はLi。1817年に発見されたこの銀白色の金属は、実に不思議な性質をたくさん持っている。金属のなかでは最も軽く、比重は0.53だから水の半分ぐらいしかない。親類のナトリウムより硬く、アルミニウムと化合すると軽くて強い金属材料に変質する。

強度を上げるだけではない。いろいろな元素と結び付いて、その材料の性能を向上させる。このため耐熱ガラスやセラミックス、陶磁器の上薬、冷凍機の冷媒。さらには水素爆弾の材料になったり、精神安定剤としても使われる。特に最近は、エネルギーを多く蓄えて何度でも充電できるリチウムイオン電池の素材として、その需要が急速に高まってきた。

リチウムイオン電池の登場は1991年。それから15年間で、生産量は5.2倍に増大した。今後はハイブリッドカーや電気自動車の普及が進むにつれて、需要は爆発的に伸びると考えられる。ある試算によると、09年に250億円だった自動車用リチウムイオン電池の世界需要は、14年に2兆2500億円になるという。

たとえば携帯電話1台に使われるリチウムの量は0.3グラム、ノートパソコンは5.5グラム。これに対してプラグイン・ハイブリッド車では最大3.1キログラム、電気自動車では5.7キログラムのリチウムを使用する。したがってリチウムの使用量はケタ違いに増大するだろう。そうなると供給が追いつくか心配になるが、答えは「ノー」に近い。そこがまたリチウムの不思議なところである。


                             (続きは来週サタデー)

    ≪12日の日経平均 = 上げ +86.31円≫

    【今週の日経平均予想 = 5勝0敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.