FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 現代のお宝・ レアメタル ⑨
2010-04-03-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 熾烈な権益の争奪戦 = レアメタルの確保をめぐる工業国間の競争は、採掘権や販売権の争奪戦となって現われている。たとえば最大のリチウム資源を含有するボリビアのウユニ塩湖。日本は三菱商事、住友商事、それにJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)が、年3万トンの炭酸リチウム生産計画でボリビア政府と合意した。しかしフランス、韓国は官民代表団を送り込み、より大型の計画を提示。中国も100億ドル規模の経済協力を提案している。

日本のプロジェクトは、大手商社とJOGMECが中心。三井物産はカナダの資源開発会社リチウム・コープが生産する製品の調達権を取得、13年から日本、韓国、中国で販売する予定だ。また住友商事はカザフスタンの国営原子力公社と合弁で、ウラン抽出後の鉱石からレアアースを回収する。年間3000トンが目標だ。

伊藤忠はカナダでニッケルとプラチナの探鉱を開始。豊田通商はベトナム企業とレアアースの共同開発に乗り出した。すでに55万トンの埋蔵を確認しており、12年にも生産を始める予定。また独立行政法人のJOGMECはカナダの企業と共同して、南アフリカでプラチナの探鉱を始めた。

このJOGMECについては、民間の海外事業に出資できるようにするための設置法改正案が今国会に提出される。これによって、民間のレアメタル獲得競争を政府が後押しできるようになるわけだ。さらに政府はODA(政府開発援助)も有効に活用する方針。だがフランス、中国、韓国などは首脳や閣僚が産出国を訪問して直接交渉する頻度を増やしている。この点では、日本の出遅れが目立っているようだ。


                              (続きは来週サタデー)

    ≪2日の日経平均 = 上げ +41.69円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.