FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
要注意! 資源価格の高騰 (上)
2010-04-14-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ いつか来た道? = 資源の国際価格が急速に上昇してきた。原油や金、鉄や銅、あるいはニッケル、インジウムなどのレアメタル。リーマン不況で一時は大幅に下げていたが、新興国の景気回復に続いて先進国の経済も上向きになって需要が増加。加えて投機資金の動きが再び活発になってきたためである。

ニューヨーク市場の原油価格は、08年7月に1バレル=147ドルの史上最高値をつけた。そこから09年4月には40ドル近辺まで下落したが、現在は85ドル前後に上昇。100ドルを目指す勢いをみせている。金の先物相場は昨年12月に1トロイオンス=1220ドルの最高値となったあと反落していたが、最近は1160ドルまで戻してきた。円安の影響もあって、東京の小売価格は27年ぶりの高値になっている。

鉄鉱石や石炭の輸入価格も、大幅に値上がりした。鉄鉱石の輸入価格は08年がトン当たり77ドル。09年は55ドルに下がったが、この4-6月期は106ドルに跳ね上がった。石炭の輸入価格も、前年比で55%上昇している。このほかリーマン不況時の安値に比べると、銅やニッケルの国際価格は2-3倍に。アルミも85%上昇。インジウムやアンチモニ-も、この3か月間で20%以上の値上がりとなった。

思い出すのは、2年前の春の風景だ。08年の1-4月ごろ、原油は100ドル、金は1000ドルを狙って急騰。鉄鉱石や石炭、非鉄金属の値上げも続いた。当時は小麦、とうもろこし、大豆などの食料品も急騰。社会問題になったことは記憶に新しい。このときはサブプライム問題からリーマン・ショックが発生。世界不況となったために、これら商品の国際価格も急落した。さて今回は?


                                 (続きは明日)

    ≪13日の日経平均 = 下げ -90.67円≫

    ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.