FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
いい公共事業 VS 悪い公共事業 (上)
2010-04-22-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 1兆4000億円で道路建設へ = 高速道路料金の引き下げを止めて、浮いた財源で新しい道路を造る法案が、国会に提出される。料金の割り引き撤回も新道路の建設も、民主党の公約違反だという批判が強い。前原国土交通相は法案の成立に意欲的だが、民主党内でも衆議院の川内国土交通委員長が反対を表明するなど、情勢は混沌としている。

政府は休日の上限1000円など現行の割り引き制度を廃止し、新たに曜日に関係なく軽自動車1000円、普通車2000円などの上限料金を設けて6月から実施することを目指している。そうなると、近距離と休日ドライバーにとっては値上げ。トータルで計算しても、利用者側の負担は増加する。つまり負担減の公約が破棄されるだけでなく、負担増になってしまう。

そうして浮いた財源1兆4000億円を、東京外郭環状道路など新しい道路建設に投入する。これも「コンクリートから人へ」の公約違反だ。民主党がこの2つの公約違反を打ち出してきた理由は、どうも定かでない。やはり選挙を控えて、鉄道やフェリー業界への配慮。それに道路建設関係者の票を視野に入れた君子豹変としか思えない。

ここで大切なことは、1キロ当たりの建設費が1億円を超える道路を造ったときの後遺症である。建設中は資材も使い、雇用も増える。しかし将来にわたって維持費や管理費が重くのしかかる。結局は税金で跡始末することになってしまう。だからこそ民主党もマニフェストでは否定し、八ッ場ダムも中止したのではなかったか。この種の工事は“悪い公共事業”だということを、有権者は理解しているぞ。


                                  (続きは明日)

    ≪21日の日経平均 = 上げ +189.37円≫

    ≪22日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.