FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
輸出は 不況前の78%を回復
2010-04-27-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 中国向けは100%の回復 = 財務省が発表した3月の貿易統計によると、輸出は6兆0049億円で前年比43.5%の増加だった。輸入は5兆0560億円で20.7%の増加。黒字は9489億円となった。この結果、09年度の貿易収支は5兆2332億円の黒字と、2年ぶりの黒字を記録した。

新聞各紙は、この09年度の貿易収支を詳細に報じている。しかし現在の景気動向をみるには、3月分の内容の方がずっと重要だ。そこで3月の輸出を地域別にみると、中国向けは1兆1658億円。前年比は47.7%の増加だった。次にアメリカ向けは8625億円で29.5%の増加。EU(ヨーロッパ連合)向けは6536億円で26.7%の増加となっている。やはり景気の回復にいち早く成功した中国向けの伸びが高い。

世界不況が始まる前の08年3月と比較してみよう。当時の輸出総額を100とすると、ことし3月の総額は78.2%という水準。まだ8割にまで回復していない。ただ中国向けは100.95%と、当時の水準に戻している。アジア全体でみると、回復ぶりは92.6%だ。一方、アメリカは63%、EUは55.7%の水準に止まっている。

この数字をみても、日本のいまの景気回復は中国を先頭にしたアジア向け輸出に支えられていることが判る。したがって今後の日本の景気回復は、中国やアジアの主要国がインフレへの警戒から、いつ金融引き締め政策に転換するか。アメリカの雇用情勢が、いつ明確に好転するか。またギリシャ問題が一段落して、ユーロ相場がいつ落ち着くか。これらの諸点にかかっていると言えるだろう。


    ≪26日の日経平均 = 上げ +251.33円≫

    ≪27日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.