FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
テレビ業界も冬の時代へ?
2007-02-09-Fri  CATEGORY: 政治・経済
けさの日本経済新聞によると、マスメディアに対する集中排除規制が大幅に緩和される見通しになってきた。この規制によって、現在は新聞社やテレビのキー局が20%を超えて出資できるのは、1つの放送局に限られている。その他の放送局については20%未満しか出資できない。

総務省は新たに「放送持ち株会社」制度を創設する。この会社には新聞社などが上限50%まで出資できるようにする。そして、この持ち株会社は10社程度までの放送局に対して100%出資できるようになる。要するに持ち株会社を通じて、10社程度の放送局をコントロールできるようにするわけだ。

同じ朝刊紙面に、東京キー局の決算状況が載っていた。今3月期の見通しは、TBSを除く4社がかなりの減益になりそうだという。大きな原因はスポット広告の減少。これはネットなどの新しい媒体に広告費を奪われたからだと考えられる。

地方局はもっときびしい決算になる可能性が強い。総務省の新政策は、明らかに地方局の経営を救済することが目的。これまで日当たりのよかったテレビ業界も、冬の時代を迎えるのではないだろうか。

    ≪9日の日経平均 = 上げ≫

    【今週の日経平均予想 = 2勝3敗】

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.