FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
高速道路料金と普天間 の類似
2010-05-25-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 民主党の票は減るだけ? = 政府は6月に予定していた高速道路の新料金体系の実施を完全にあきらめた。新体系は現行の割り引き制度を廃止、車種別に一律の上限料金を設定する内容。利用者にとっては実質的な値上げで、年間1兆4000億円のカネが浮く。政府はこれを財源に、道路工事を推進しようとしていた。

ところが民主党の小沢幹事長から「待った」がかかった。マニフェストで無料化を約束したのに、実質値上げでは選挙民に説明がつかないという理由からだ。たしかにスジは通っている。近距離ドライバーやトラック業者などは、喜んでいるに違いない。だが道路関係者や鉄道、フェリーなどの業界には「だまされた」という感情が残ってしまった。

小沢幹事長は選挙にとっては、道路関係者などの気持ちより一般の有権者の反応が大事だと考えたにちがいない。参院選にすべてを賭けている幹事長の考え方としては、判らないこともない。だが本当に正しい分析だったのだろうか。というのも、値上げの撤回で喜ぶ人の多くは「当たり前」だと思うのではないか。民主党は“悪いこと”を持ち出しておいて、それを撤回しただけだ。とすれば、このグループの民主党支持票が大きく伸びるとは思えない。

反対に目の前に“ご馳走”を出されて撤回されたグループは、民主党批判に回る公算が大きいのではないか。この点は沖縄の基地問題に対する鳩山内閣の迷走ぶりと、かなり似ている。普天間問題が辺野古埋め立ての原案に戻ったとき、これを高く評価する有権者はいないだろう。特に「県外」のご馳走を見せられた住民は、民主党に対する不信を募らせるだけだ。ご馳走を出しては引っ込めるやり方が、民主党の票を減らしている。


    ≪24日の日経平均 = 下げ -26.14円≫

    ≪25日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.