FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2010-05-30-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第18章 消費税って、なんだろう? ⑨

いま消費税の税率は5%ですから、100円のノートを買えば5円の消費税が付くということになりますね。もし税率が10%になると、税金は10円になります。まあ5円ぐらい税金が増えてもいいやと思うかもしれませんが、200万円の自動車を買う場合には、税金は10万円も上がってしまいます。だれでも税金は安い方がいいと思うでしょう。

消費税の引き上げに反対する人たちは、まず国民の負担が増加して生活が苦しくなる点を重視します。また金持ちと貧乏人が同じ負担なのは、不公平だとも言っています。たとえばスーパーで食料品を5000円ぶん買うと、消費税250円も払わなければなりません。お金持ちならば大したことはないけれども、貧乏人には大きな負担になるというわけです。

ヨーロッパ諸国では一般に消費税の税率が高いことは、すでに勉強しました。税率が高くなると、この不公平の問題はいっそう大きくなりますね。そこで、これらの国々では、生活に必要な食料品などは税率を低くするとか、消費税を全くかけないといった工夫をしています。日本も消費税を引き上げるときには、このような例外品目を定める必要があるでしょう。

景気に対する悪影響を心配して、消費税の引き上げに反対する人もいます。仮に消費税を5%引き上げると、物価はその途端に5%上がってしまいます。物価が上昇すると、人びとはサイフのひもを締めるでしょう。それだけモノの売れ行きが落ち、景気が悪くなると考えられるのです。


                               (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.