FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2010-06-06-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第18章 消費税って、なんだろう? ⑩

仮に消費税を引き上げるとしたら、現在の消費税法という法律を変えなければなりません。ふつうは政府が新しい税率や実施の時期、あるいは例外とする品目などを決め、国会で議論することになります。つまりは政治家が決めるわけですが、政治家のなかにも引き上げに賛成する人、反対する人がいます。

議論の段階では賛成する人も多いのですが、実際に引き上げるとなると政治家は慎重になりがちです。というのも消費税は国民の負担を増大させますから、評判が悪くなる。その結果が選挙のときに票を減らすことになり、引き上げを主張した議員が落選したり、内閣がつぶれてしまう例が多かったからです。

じっさい、日本で初めての消費税は89年(平成元年)4月に実現しましたが、その直後の参院選で自民党は大敗してしまいました。また97年には税率を3%から5%に引き上げましたが、このときも自民党は大敗しました。いずれも総理大臣だった竹下さん、橋本さんは退陣しています。

先週、急に退陣した鳩山首相は「私の任期中に消費税の引き上げはしない」と言い続けてきました。頭のなかには、竹下さんや橋本さんのことがあったのかもしれません。しかし最近の情勢は、だいぶ変わってきたと思われます。とにかく国債の発行が大きくなりすぎて、消費税を上げなければ日本の財政はパンクするという見方が強まってきたためです。


                                (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.