FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
輸出の回復に 鈍化の兆し
2010-06-25-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ アジア向けは好調だが = 財務省が24日発表した5月の貿易統計によると、輸出は5兆3110億円で前年比32.1%の増加だった。輸入は4兆9868億円で33.4%増加した。この結果、黒字は3242億円で4月に比べると半減。原油や石炭、鉄鉱石など原料品の値上がりで、輸入金額が大きく伸びたためである。

輸出の状況を地域別にみると、アジア向けは前年比34.4%と相変わらず伸び率が高い。これに対してアメリカ向けは17.7%増、EU向けは17.4%増。いずれも伸び率はアジア向けの半分に止まっている。商品別にみると、鉄鋼が73.6%増、半導体など電子部品が25.6%増、自動車は51.9%の増加だった。

昨年5月はまだ世界不況の大波に揉まれていた。そこで例によって、不況前の08年5月と比較してみよう。まず輸出総額は当時の78%にまでしか回復していない。ところが4月は85%にまで回復していたから、5月の成績はやや後退したことになる。一時的な現象かもしれないが、ちょっと気にかかる数字だ。

地域別にみた輸出を08年5月と比較してみると、アジア向けは86.6%にまで回復。特に中国向けは88.1%に回復した。ところがアメリカ向けは64.2%、EU向けも64.1%にしか戻っていない。これは景気の回復ぶりを正確に反映した数字と言える。ヨーロッパ諸国の財政再建政策が、これからどんな影響をもたらすのか。6月以降の輸出の伸び率には、注意を怠れない。


    ≪24日の日経平均 = 上げ +4.64円≫

    ≪25日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.