FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- ギリシャの悲劇 : 日本は? ⑪
2010-07-10-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 日本の成績は最悪 = 一国の財政状態を表わす数値はいろいろある。日本の場合は、どれをとっても最悪だ。たとえば10年度予算をみると、税収が37兆4000億円の見積りなのに対して、国債発行額は44兆3000億円。税収に比べて国債による収入がこんなに多い国は、少なくとも先進国では見当たらない。

歳入予算額に占める国債収入額の割合を、国債依存度と言う。10年度予算での国債依存度は48%。この比率も世界的にみて断トツに高い。この予算通りに行くと、来年3月末の国債発行残高は600兆4000億円に達する。利払いなどに充てる国債費は、年間20兆円を超えた。

国の借金は国債だけではない。借入金などを含めた国の債務は、来年3月末に973兆2000億円にのぼる見通し。この債務残高のGDPに対する比率は、197.2%とGDPの約2倍に増大する。アメリカとフランスは90%強、ドイツは80%台に止まっている。あのギリシャでさえも、この比率は120%だ。

ところが不思議なことに、いま日本の国債には人気が集中している。買い手が多いから、価格は上昇して金利は低くなった。つい最近も、ことしの1-5月間に中国が1兆3000億円近い日本国債を購入したことが判明した。ヨーロッパやアメリカよりは金融不安の危険性が少ない。また国内での消化が順調で値崩れの心配がないことが、その動機となっている。しかし、いつまでこうした状態が続くのだろうか。 


                          (続きは来週サタデー)
    
    ≪9日の日経平均 = 上げ +49.58円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】 

         ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.