FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2010-07-12-Mon  CATEGORY: 政治・経済
参院選は、ほぼ予想通りの結果となった。民主党は少数野党との連立を画策しようにも、相手が見付からない状態に追い込まれてしまった。敗北の原因は、消費税問題を持ち出したことだと言われる。しかし日本経済がいま直面している景気と財政の問題に、全く答えられなかったことが響いたのではないか。有権者はたとえば来年度予算をどうするのか、もっと具体的な方針が聞きたかったと思う。

先週のウォール街は、久しぶりの活況に沸いた。ダウ平均は週間で512ドルの値上がり。昨年7月以来の大幅高となり、1万ドルの大台もあっさり回復した。ヨーロッパの金融・財政不安が薄れたうえに、今週から始まる企業の決算発表に期待する空気が強まったため。あまり材料もなかったのに、先々週の大幅安からムードが一変したことには驚いてしまう。

つられて日経平均も、先週は382円の上昇となった。ただ東京市場は参院選を目前にして、見送り気分が強かった。出来高は20日間連続で20億株を下回っている。やはり景気の先行きと政府の経済政策が不透明だからだろう。今週は選挙の結果を受けて、市場はどう動くのか。

今週は12日に、6月の企業物価。13日に、6月の消費動向調査。16日に、5月の第3次産業活動指数。アメリカでは14日に、6月の小売り売上高。15日に、6月の工業生産と生産者物価。16日には、6月の消費者物価とミシガン大学による消費者信頼感指数が発表になる。また15日には、中国が4-6月期のGDP、6月の消費者物価、小売り売上高、工業生産、固定資産投資額をまとめて発表する。


    ≪12日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.