FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2010-07-18-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第19章 農業の問題って、なんだろう? ③

農業をする人の数も、ずいぶん減ってしまいました。1985年には543万人いたのですが、これが2005年には335万人になっています。特に働き盛りの人たちが、大きく減少しました。たとえば30歳から59歳の人は、この20年の間に283万人から84万人に減っています。3分の1以下になってしまったわけですね。

その半面で、お年寄りの数が急激に増えています。65歳以上の人は、85年には144万人でしたが05年には196万人へ。つまり全体の半分以上が、高齢者になっているのです。政府は若い人に農業をやってもらおうと、いろいろ対策を講じています。しかし農業人口の減少と高齢化は、なかなか止まりそうにありません。

農業をする人のなかには、会社に勤めたり商売をやっている人もいます。そうではなくて、主として農業だけで収入を得ている人を基幹的(きかんてき)農業従事者と呼んでいます。この農業の中核になる基幹的従事者だけをとってみても、人数の減少と高齢化が目立ちます。

まず人数は90年には293万人でしたが、07年には202万人に減りました。平均年齢は90年当時が56.7歳、07年には64.6歳に上昇しています。この平均年齢を07年の統計でみると、アメリカは57.1歳、ドイツは48.8歳でした。ここからも、日本では高齢化の進行が急速なことがわかるでしょう。


                          (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.