FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2010-07-26-Mon  CATEGORY: 政治・経済
FRB(米連邦準備理事会)のバーナンキ議長は21日の議会証言で、アメリカ経済の見通しについて「異常な不確かさ」という表現で強い懸念を表明した。企業業績の好転にもかかわらず、雇用や住宅の面に改善の兆しが現れないことへの苛立ちかもしれないが、中央銀行トップの発言としては不用意で乱暴だったと言えるだろう。ダウ平均は、この発言で109ドル値下がりした。

ところが予想を上回る決算発表が続いているため、株価はすぐに反発。23日にはヨーロッパの銀行に対するストレステスト(資産査定)の結果さえも、好材料として消化した。結局、ダウ平均は週間327ドルの上昇で終っている。市場は少なくとも株価については「異常な不確かさ」とは見ていないようだ。

日経平均は先週23円の小幅な値上がりだった。ダウ平均が1万ドル、日経平均が1万円の大台を割り込んだのは、ともに5月の下旬。先週末でダウは1万0425ドルまで戻したが、日経平均は9431円と低迷している。円高や政治不安のせいと割り切ってしまう問題なのかどうか。もしかすると、日本の景気見通しの方が「異常な不確かさ」なのかもしれない。

今週は26日に、6月の貿易統計。27日に、6月の企業向けサービス価格。29日に、6月の商業販売統計。そして30日には、6月の生産、労働力調査、家計調査、消費者物価、住宅着工件数が発表される。アメリカでは26日に、6月の新築住宅販売。27日に、5月のS&Pケースシラー住宅価格とコンファレンスボードによる7月の消費者信頼感指数。30日には、4-6月期のGDP統計が発表になる。


    ≪26日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.