FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2010-08-02-Mon  CATEGORY: 政治・経済
日経平均が、なかなか1万円に届かない。6月23日に1万円を割り込んだまま、とうとう7月は9000円台を上下して終った。企業の6月期決算は自動車、電機、半導体を中心に予想を上回る好調ぶり。にもかかわらず、株価は突き抜けなかった。先週は106円の値上がりだったが、終り値はまだ9000円台の真ん中。

アメリカでも、企業の業績は好調だ。ダウ平均はその流れに乗って、7月は691ドルも上げた。ただ先週は41ドル高で、やや上値が重たくなっている。日米ともに景気の先行きに対する慎重論が、株価の重石になりつつあるようだ。特に日本の場合は円高もマイナス材料。先週はニューヨーク市場で一時、1ドル=85円台まで上昇した。

中国の上海総合も元気がない。引き締め政策を懸念して、7月は180ポイントの小幅な下落となった。日経平均はアメリカと中国の株価にはさまれて、動きがとりにくい形にもなっている。日米中ともに、経済の先行きを明るくするような指標が現れないと、株価のこう着状態はもう少し続くのではないか。

その意味でも、今週はアメリカ労働省が6日に発表する7月の雇用統計が最大の注目点。ほかにアメリカでは2日に、ISMによる7月の製造業景況指数。3日には、6月の中古住宅販売と7月の新車販売。国内では2日に、7月の新車販売。6日には、6月の景気動向指数が発表になる。また2-3日には、衆院予算委員会。


    ≪2日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.