FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
低すぎた民間の事前予測
2007-02-16-Fri  CATEGORY: 政治・経済
日本経済新聞は2月2日付けの紙面で、民間調査機関がそれまでに作成した昨年10-12月期の成長率予測を報じている。それによると、15機関の実質成長率予測は年率ベースの平均で3.7%だった。きのう発表されたGDP(国内総生産)統計では4.8%だったから、民間の平均予測値はかなり低めだったことになる。

個別の予測をみると、いちばん高かったのは三菱UFJリサーチ&コンサルティングで4.7%。それでも正解よりは0.1ポイント低かった。でも優秀賞をあげていいだろう。

次点は日本経済研究センターの4.4%。あとゴールドマン・サックス証券と日本総合研究所のともに4.0%が続く。最もはずれたのはBNPパリバ証券で、予測値は2.8%だった。

民間の経済調査機関はみな多くのスタッフを抱え、大量のデータを分析し、コンピュータを駆使して予測値を計算している。それでも予測はなかなか当たらない。しかし今回のように15研究機関のすべてが、低すぎる予測値を出したという事例は珍しい。

*10-12月期のGDP統計については、昨15日のブログ「跳ね上がった10-12月期のGDP」を参照してください。

     ≪16日の日経平均 = 下げ≫

     【今週の日経平均予想 = 2勝2敗】

     Please click here ⇒ 人気blogランキングへ

     


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.