FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2010-08-29-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第19章 農業の問題って、なんだろう? ⑨

国内で消費する食料が、その国の農業生産でどのくらい賄われているか。その程度を表わす経済統計を、食料自給率と言います。計算する方法はいくつかありますが、よく使われるのは食料に含まれるカロリー(熱量)を計算する方法です。農林水産省がつい最近発表した09年度のカロリーベース食料自給率は40%でした。

日本の食料自給率は、この5年ほど40%前後で推移しています。ということは、消費する食料の4割しか国内で生産していない。逆に残りの6割は輸入に頼っているということになります。ですから仮に輸入が全くできなくなったとしたら、みなさんは現在の4割くらいしか食べられないというわけ。そんなことになったら大変ですね。

品目別にみると、自給率がとても低いのは小麦や大豆。それから畜産物や魚介類、果物、砂糖、油脂などです。このうち畜産物のカロリー計算では、大事な決まりがあります。それは国内で牛や豚や鶏を飼っていても、そのエサを輸入した場合はその分をカロリーから差し引いて計算するやり方です。ですから国内で飼料の生産が増加すれば、全体の自給率は上がることになります。

では外国の食料自給率は、どうでしょうか。07年の統計でみると、オーストラリアはなんと173%です。続いてカナダが168%、アメリカも124%でした。これらの国々は国内で消費して余った分を輸出しているのです。またドイツは80%、イギリスは65%、韓国は44%でした。主要な国のなかで、日本の自給率は最低なのです。


                             (続きは来週日曜日) 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.