FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
上半期の成長率は 2%前後に
2010-09-09-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 4-6月期は上方修正へ = 内閣府があす10日に発表する4-6月期のGDP改定値に、高い関心が寄せられている。1次速報では年率0.4%に落ち込んでいたが、改定値ではかなり上方修正される見込み。日経新聞が10人の民間エコノミストに聞いた予測は1.0%~2.6%で、その平均値は1.5%になっている。

上方修正の根拠は、企業の設備投資が好転したこと。1次速報のあとで財務省が集計した法人企業統計によると、4-6月期の設備投資額は前年比1.7%減となった。まだマイナスには違いないが、1-3月期の11.5%減からは大幅な改善。これがGDP改定値に反映される。

さらに7-9月期の見通しも、年率2%を上回るという見方が強い。これは猛暑の影響で個人消費が予想以上に伸びたこと。またエコカー補助金への駆け込み需要で、自動車の生産・販売が一時的に急増したことによる。この結果、上半期の成長率は年率2%前後を維持できる公算が強まった。1-3月期の4.4%に比べれば半減するが、円高による輸出の伸び悩みや株価が下落した割には、まずまずの成績と言えるだろう。

問題は10月以降の下半期。猛暑やエコカー補助の反動は、必ず現れる。為替相場が大きく円安に振れない限り、この反動減を埋める要因は見出しにくい。そこで唯一の頼みは、政府の景気対策ということになる。だが政府が今週中にもまとめる追加対策は全く力不足。結局は補正予算ということになりそうだが、その内容はまだ何も見えてこない。


    ≪8日の日経平均 = 下げ -201.40円≫

    ≪9日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.