FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
9月の新車販売 : 日米の暗と明
2010-10-05-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 10月以降は4割減も? = 日本自動車販売協会連合会の集計によると、9月の軽自動車を含む新車販売台数は47万1954台で、前年比1.2%の減少だった。前年比の減少は13か月ぶり。政府による補助金の支給が9月7日で打ち切りになった影響が、早くも出始めた。

このうち登録車の販売台数は30万8663台。14か月ぶりに前年比4.1%の減少を記録した。特に補助金制度の恩恵が大きかった小型乗用車は12.2%も減少している。逆に恩恵の少なかった軽自動車は4.6%増加した。メーカー別でみても、エコカーの比率が高いトヨタやホンダの減少が目立っている。

一方、アメリカの新車販売は息を吹き返した。9月の販売台数は95万8966台。前年の実績を28.5%上回った。アメリカの場合は補助金制度が昨年夏に終了し、9月の販売は急減している。したがって前年比が大きく伸びたという事情もあるが、年率換算した販売台数は1176万台で、ことし最大の成績となった。1年半ぶりに、大型車の売れ行きが小型車を上回ったのも特徴的だ。

アメリカは日本より1年早く、補助金制度を打ち切った。そのため1年後のいま、やっと自動車の販売が正常な状態に戻ろうとしている。これに対して日本は、これから補助金制度の後遺症に悩まされることになる。各メーカーはすでに2割程度の減産体制に入っているが、専門家の間では10月以降の販売は2-4割に達するという見方が強い。


    ≪4日の日経平均 = 下げ -23.17円≫

    ≪5日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.