FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2010-10-10-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第20章 スマートグリッドって、なんだろう? ②

画期的な電力の供給方式であるスマートグリッドを勉強する前に、いま電気がどうやって送られているかについて、簡単なおさらいをしておきましょう。経済産業省の資料によると、09年度の総発電量はほぼ1兆キロワット時でした。キロワット時というのは、電力量と時間を掛け合わせた単位。たとえば1キロワット時は、1キロワットの電力を1時間発電あるいは消費したという意味です。

電気はいろいろな発電所で作られていますね。いちばん多くの電気を作ったのは09年度の場合、LNG(液化天然ガス)を燃料にした火力発電所と原子力発電所。ともに総発電量の3割近くを発電しました。ほかに石炭を燃やす火力発電所、石油を使う火力発電所、さらに水力発電所などがあります。

山奥や海岸の発電所で作られた電気は、送電線を通じて町に送られてきます。みなさんも、高い鉄塔に吊り下げられた送電線はよく見るでしょう。町の近くには変電所があって、工場や家庭で使いやすいように電圧を100ボルトとか200ボルトに下げています。そこからは電柱に張られた電灯線で、みなさんの家まで届けられる仕組みです。

この説明からもわかるように、電気は発電所から家庭や工場に向かって流れるもの。これが、いままでの常識でした。ところがスマートグリッドの時代になると、電気は反対の方向にも流れるようになるのです。家庭やビルや工場が発電所になる、と言っても差し支えありません。


                         (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.